誰もが一度はやってみたいピンクコンパニオンで楽しむ女体盛り

「コンパニオン」の事に関する情報サイトです。
ピンクコンパニオンを知ったのは26歳の時。その時初めて知ったピンクコンパニオンの花形女体盛り、実は〇〇分が限度なんですって!

誰もが一度はやってみたいピンクコンパニオンで楽しむ女体盛り

ピンクコンパニオン遊びを覚えたのは、今の会社に入ってから3年ほど経ったころでした。

当時はまだ26歳。

今から考えるとちょっと早過ぎでしたね。

もうちょっとおじさんになってからがよかったような気もしますが、早く知って良かったとも思いました。

きっかけはもちろん先輩。

キャバクラ好きの先輩に連れられてキャバクラに通うようになってからのことでした。

大学時代にそれなりに彼女はいたんですが、別れてからは一人。

今の会社は結構忙しいので彼女を作るヒマもなく、そんな中で覚えたのがお酒。

もともと飲みが好きだったというのがあるんですが、それに「女」がプラスされたら、もう男は後戻りできませんよね。

そんな中、キャバクラ好きの先輩に誘われたのがピンクコンパニオンの温泉遊びでした。

初めて行ったのは石和温泉。

東京からの近さで言えば、熱海、伊豆と並ぶ、ピンクコンパニオン遊びのトップ地帯の一つです。

なんといっても最初に驚いたのが「女体盛り」

話には聞いていましたが、本当にあるのか!?とただただ目がテンになってました。

あれ、30分限定なんですね。

知ってましたか?

なんでも体温で魚が温まってしまうので、食中毒の恐れがある・・・ということらしいです。

きちんとラップを敷かれた裸体の上に並んでいるわけなんですが、なんとも言えず興奮したのを覚えています。

でも知り合いになった元ピンクコンパニオン嬢のKちゃんに聞くと、あれ相当辛いらしいです。

「特別料金が出る」という話でしたが、それは当然だと思います。

こんな女体盛りも・・・俺の妄想が止まらない!! 都市伝説の「女体盛り」をこっそり楽しめるお皿登場

けどやっぱ1番は生で体験する女体盛りが良いですね。