市販の白髪染めを使いすぎると頭皮に着色しやすい?

Posted by blogger on 2014年6月8日 under 白髪染めのダメージ | Comments are off for this article

市販の白髪染めには、酸化染料や硫酸銀のような化学物質を使って精製された染料が配合されています。

こういった類の染料には付着したものを強力に染め上げる性質があるため、白髪染めの薬剤が頭皮に付着すると、頭皮までもをその着色料で染めてしまいます。

また上記のような化学物質には頭皮に残留しやすいため、定期的な使用を続けているとだんだんと頭皮の色が変色してしまうこともあります。

これに対してトリートメントタイプの白髪染めの中には、植物等の天然素材から抽出された色素をもって白髪を染める商品があります。

植物性の染料は髪の毛の隙間部分に浸透することによってこれを染め上げますので、化学物質で白髪染めをする場合のように頭皮までもが茶色くなってしまう心配がありません。

また天然素材の染料は例え頭皮に付着したとしてもその色素が沈着する心配がありませんし、すすぎさえきちんと行えば頭皮が染まってしまうということはありません。

以上のようにトリートメントタイプの白髪染めの場合、市販の白髪染めとは異なり頭皮への色素沈着の心配をすることなく白髪を綺麗に染め上げることができます。

いくら髪の毛を綺麗に染めることができても頭皮が変色してしまっては美しいヘアスタイルをキープすることができませんし、そもそも頭皮に色素が沈着するということはそれだけ多くの負担を頭皮に与えているということになります。

見た目の美しさはもちろん頭皮の健康を考えるのであれば、トリートメントタイプの白髪染めをおすすめします。

Comments are closed.